健康体操で体のゆがみ防止A 健康診断結果@あなたの健康診断結果は?

2006年10月21日

健康体操で体のゆがみ防止A

健康体操体のゆがみ防止A

無理なく簡単に出来る体操で背骨を支える筋肉を鍛えて体のゆがみを
防止
する。
ゆっくりとしたリズムでやるのがコツです。


@ 腹筋 
第一ステップ 
仰向けに寝て膝を曲げる、両腕は胸の前でXに組んで
上体を少し起こす肩甲骨が少し浮く程度でよいです。

おなかの筋肉がブルブルするところで10秒間静止して、
元に戻す。これを10回(初めのうちは5回でもOK)
これであまり疲れずに十分におなかの周りの筋肉が鍛えられます。

第二ステップ (急がないでゆっくりした動作を)
通常の腹筋のように膝を曲げてゆっくり10秒かけ倒していきます。
頭は床につけないまま ゆっくり上体を起こし
おなかの筋肉がブルブルするところで10秒静止してから
膝を抱え込むように起き上がる。 

これを10回行います。
かなりきついですから始めは3回ぐらいからでOKですよ。

呼吸に注意を動作をする時は息を吐き、倒れた時と、
起き上がった時に息を吸う。


D 背筋
床にうつぶせになり手は体に並行に足方向に真直ぐにし、
足は両足首をつける。

上体と両手、両足を同時に上に反らし10秒静止する。
(反らすのはムリをしないで出来るところまで)これを10回行う。


E 腕立ふせ
急がないでゆくりと深く行う。
1か〜い、2か〜いとゆっくり10回おこなうこれを2回繰り返して行う。


以上が無理なく簡単に出来る体操で背骨を支える筋肉を鍛えて体のゆがみを
防止
する方法です。

最初にもお話ししましたが、
ゆっくりとしたリズムでやるのがコツです。
posted by 健康ランド at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。