肩こりの治し方 健康診断結果@あなたの健康診断結果は?

2006年11月12日

肩こりの治し方

肩こり
病的な肩こりでなかったり、どこにも原疾患のない肩こりの場合は自分で治すこともできます。
また、鍼・灸・指圧といった東洋医学も効果があります。
自宅でできるものとしては、肩たたきやマッサージがあるが、
これらの目的は、つまんだり、こすったリ、たたいたりして、
外から刺激を与えることで、筋肉のうっ血をとり、こわばった筋肉の緊張をほぐしてやることである。

マッサージする人も疲れず、効果を高のるためにはコツは、まず、力を入れすぎないことです。
効かないからといって力を入れすぎると、かえって筋肉に炎症を起こしてしまうことがあります。

手のひら全体を使って、一カ所に偏らず、周辺の筋肉も一緒にもみほぐすようにする。もむときは、腕、背中、肩、といったぐあいに、からだの先端部分から、心臓に血液を送り込むような気持ちで、指の腹に力を入れ、一カ所につき4・5回ずつ繰り返しながら体重をかけるようにして行います。

肩たたきは、手を軽く握って、両手を交互にリズミカルに動かしてたたく。
リズムが狂うと、たたきにくいばかりでなく、たたいてもらっている人もあまり気持ちがよくなく、効果も減少してしまうのでリズムも大事である。

腕、背中、肩というように、外側から中心部へ向かってたたいていきます。

背中は背骨をはさんで、両側の筋肉を下から上へとたたいていきます。

後頭部のコリは、額に手を当て頭を支えてから、反対側の手の親指と人差し指で、首の後ろの筋肉をつまんだり、圧したりするとよいです。


肩がこってるのに肩こりだと気づかない人がいるらしいです。でもそのほうが良いみたい。
肩こりは気づいてしまうと余計に気にしてダメですね。
タグ:肩こり
posted by 健康ランド at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 予防関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27147645

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。