ノンオイルマヨネーズ 健康診断結果@あなたの健康診断結果は?

2006年12月18日

ノンオイルマヨネーズ

ノンオイルマヨネーズを使ったことありますか?

ノンオイルマヨネーズでメタボリック症候群を予防できます。

マヨネーズは油と酢、卵黄などから作られます。
マヨネーズには食用油、卵黄が多く含まれているため、カロリーやコレステロールを気にする人が多くいます。

最近では、メタボリック症候群が話題になり、マヨネーズの摂取量が気になるようになりました。しかしマヨネーズの量を守ると、健康にいいという検証も多く出されています。高脂血症の人が1日15gのマヨネーズを毎日摂ると、コレステロール値の低下がみられた、という報告です。
この実験は、植物性油脂のマヨネーズを使っており、植物性油脂に含まれる「オレイン酸」と、卵に含まれる「卵黄リン脂質」の作用だといわれています。

オレイン酸のコレステロール値を下げる機能と、卵黄リン脂質のコレステロールの吸収を妨げる働きによるものです。マヨネーズの量を押さえ、普通に調味料として使えば、コレステロールの影響はありません。

さらに最近では、低カロリーマヨネーズや健康マヨネーズなどが発売されています。なかでも、リケンのノンオイル マヨネーズタイプは、脂質もコレステロールもゼロ、カロリーは8分の1と健康志向の内容になっています。

ノンオイル マヨネーズタイプは、油も卵も使わず、代わりに米のデンプンを使って、マヨネーズの滑らかさを出しています。油や卵を使っていないので、メタボリック症候群の心配もありません。

わたしは、マヨネーズが大好きです。いわゆるマヨラーです^^;
でも、最近メタボリックが心配でノンオイルタイプのマヨネーズに切り替えました。
しかし、マヨラーのわたしからするとメーカーによって『これはマヨネーズじゃない』って思えるものもありました・・・
posted by 健康ランド at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29848311

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。