多発性硬化症をご存知ですか? 健康診断結果@あなたの健康診断結果は?

2006年12月19日

多発性硬化症をご存知ですか?

多発性硬化症(MS)をご存知ですか?
多発性硬化症(MS)とは、脳や脊髄などの中枢神経のあちこちに病巣が現れる病気です。

身体のさまざまな部分に障害が現れ、視覚障害、運動麻痺、感覚障害など症状もさまざまです。また、中枢神経に障害が起こるため、排尿障害、排便障害も現れます。

さらに、最も多い症状は、突然起こるしびれや片方の目が見えなくなる、視野が狭くなる、物が二重に見えるなどがあります。運動障害としては、手足に力が入らず動きにくい、足がつっぱって歩きにくくなるなどの状態になります。痛みを感じる感覚も鋭くなり、焼け付くような痛みやうずき、かゆみなどを感じることもあります。

多発性硬化症(MS)の症状は、一定期間経つと治る場合がありますが、再発を繰り返すことが多く、しだいに悪化していきます。多発性硬化症(MS)は、1万人に1人くらいの病気で、最近わかってきました。欧米では約10倍の患者数といわれていますが、生活環境が欧米化すると、増加する可能性があります。

また、20代から30代の若い人に多く、とくに女性は男性の3倍近くの発生率となっています。

多発性硬化症(MS)の簡単チェック
・手足に力が入らない
・手足がチクチク、ヒリヒリ、ジンジン痛む
・ものが見えにくくなる、ものが二重に見える
・フラつきやめまいがする
・尿を我慢しにくい、尿が出にくい
・記憶力や判断力の低下
・言葉がしゃべりにくい
・疲れやすい

この症状が出た場合、多発性硬化症の疑いがあるので神経内科で受診しましょう。
posted by 健康ランド at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。