健康 食品 健康診断結果@あなたの健康診断結果は?

2006年12月31日

子供の健康と食生活

『子供には健康に育って欲しい』親ならそう思いますよね。

子供を持つ親にとって、子供の健康は何にも変えがたい切実な願いです。普段は、ああなって欲しい・こうなって欲しいという親としてさまざまな希望を持ってしまいますが、子供が病気になって苦しむ姿を見ると、何もいらないから健康であってくれればそれで十分だと改めて実感してしまいます。

しかし、昨今の子供の食生活は非常に乱れてきており、朝食を摂らない子供、ファーストフードばかりを食べる子供、食事がわりにお菓子を食べる子供など、子供の健康を危惧することが多くなってきました。最近の子供の現代病としてよく知られているものに、アレルギーがあります。

これは、食品アレルギーや花粉症、アトピー性皮膚炎といったアレルギー症状、さらには喘息なども引き起こします。また、小児肥満も増えてきており、その影響で大人の病気だと思われてきた糖尿病や肝臓障害、動脈硬化なその生活習慣病になる子供が増加してきています。この小児肥満は、運動不足や親の食生活習慣の影響が大きいといわれています。

子供の健康を守るためには、親が気をつけてあげなければいけません。ついつい子供に甘くなり、子供の好きな高カロリーな食べ物ばかりを与えてしまったり、また、親と一緒の生活習慣をおくるので、夜遅く寝るためにお菓子などの夜食をとり、朝は遅く起きるために朝食をとらないという子供も増えてきています。

親が気をつけていても、おじいちゃんやおばあちゃんが子供にお菓子を与えてしまうというケースもあります。このような状態を改善して大切な子供の健康を取り戻すためにも、いま一度、自分たちの生活を見直ししてみるのも必要かもしれません。

時間がないとついファーストフードに頼っちゃうんですよね^^;

posted by 健康ランド at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

ノンオイルマヨネーズ

ノンオイルマヨネーズを使ったことありますか?

ノンオイルマヨネーズでメタボリック症候群を予防できます。

マヨネーズは油と酢、卵黄などから作られます。
マヨネーズには食用油、卵黄が多く含まれているため、カロリーやコレステロールを気にする人が多くいます。

最近では、メタボリック症候群が話題になり、マヨネーズの摂取量が気になるようになりました。しかしマヨネーズの量を守ると、健康にいいという検証も多く出されています。高脂血症の人が1日15gのマヨネーズを毎日摂ると、コレステロール値の低下がみられた、という報告です。
この実験は、植物性油脂のマヨネーズを使っており、植物性油脂に含まれる「オレイン酸」と、卵に含まれる「卵黄リン脂質」の作用だといわれています。

オレイン酸のコレステロール値を下げる機能と、卵黄リン脂質のコレステロールの吸収を妨げる働きによるものです。マヨネーズの量を押さえ、普通に調味料として使えば、コレステロールの影響はありません。

さらに最近では、低カロリーマヨネーズや健康マヨネーズなどが発売されています。なかでも、リケンのノンオイル マヨネーズタイプは、脂質もコレステロールもゼロ、カロリーは8分の1と健康志向の内容になっています。

ノンオイル マヨネーズタイプは、油も卵も使わず、代わりに米のデンプンを使って、マヨネーズの滑らかさを出しています。油や卵を使っていないので、メタボリック症候群の心配もありません。

わたしは、マヨネーズが大好きです。いわゆるマヨラーです^^;
でも、最近メタボリックが心配でノンオイルタイプのマヨネーズに切り替えました。
しかし、マヨラーのわたしからするとメーカーによって『これはマヨネーズじゃない』って思えるものもありました・・・
posted by 健康ランド at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

デザイナーフーズで、がん予防

デザイナーフーズって聞いたことありますか?

最近デザイナーフーズを含むサプリメントが増えてきています。
ガン予防研究が活発に行われている今日、デザイナーフーズを効率的に摂取して、ガンを予防しようというわけである。

デザイナーフーズとは、一体なんなのだろうか?
1980年代のアメリカでは「食生活と発癌の関連性」の研究が盛んに行われてきた。
その結果、野菜や穀物中心の食生活の方が、高カロリー、高脂肪食よりも癌の予防効果が高いことがわかってきた。
そして、1990年には、アメリカ国立がん研究所が中心となって、「デザイナーフーズ・プログラム」という計画がスタートすることとなった。

計画の目的は、植物性の食品とガン予防を科学的に解明することだった。
その結果、膨大な量の疫学調査からガン予防に効果が高い約40品目の植物性食品をリストアップしたのである。
これがデザイナーフーズ・ピラミッドである。

このピラミッドの上に記載された食品ほどガン予防が期待できる食品というわけである。
最下層:メロン、バジル、タラゴン、エンバク、ハッカ、オレガノ、きゅうり、タイム、あさつき、ローズベリー、セージ、大麦、ブルーベリー、グランベリー、じゃがいも
中層:タマネギ、ターメリック、玄米、茶、亜麻、全粉小麦、ナス科(トマト、ナス、ピーマン)、かんきつ類(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)アブラナ科(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)
最上層:にんにく、キャベツ、大豆、カンゾウ、生姜、セリ科(にんじん、セロリ、パースニップ)

これらの植物の有効成分の多くは抗酸化作用を持ち、活性酸素などによるDNA(遺伝子)の損傷を防いで、がんを抑制することが明らかになっている。

そして、デザイナーフーズのサプリメントは、基本的に自然食品由来なので、安心して飲むことができるのが特徴である。

一方で、他の食品を多く混ぜていないかなど成分表示を良く確認することもお忘れなく。


みなさん、上に記載の野菜はきちんと食べてますか?
すこし意識して食べればすこしは、がんの抑制になると思いますよ。^^
posted by 健康ランド at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

大豆イソフラボンでガン予防

大豆イソフラボン

最近、健康食品の通販などでよく聞く言葉ではないでしょうか?

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽部分に多く含まれており、この胚芽は大豆全体の1.5−2.0%しかない。
大豆胚芽は、若干えぐ味を持っているので、粉末でも食べられるが、サプリメントにした方が飲みやすいです。

健康維持のほか、体調を崩しがちな中高年女性に、また美容・健康に気をつかわれる方にもおすすめである。
イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種で、これまでの研究で、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類の大豆イソフラボンが確認されています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをします。例えば、骨粗鬆症の発症は閉経後の女性に最も多いのだが、この閉経後に起こりやすいというのは、女性ホルモンのエストロゲン不足によると考えられている。

エストロゲンは、骨から溶け出すカルシウム量を抑え、骨を保護する役目をしているからだ。
最近の研究で、イソフラボンはこの女性ホルモンの激減を緩和することがわかっている。
大豆イソフラボンは女性ホルモンを補い、女性ホルモンの過剰分泌を抑制する作用もある。女性ホルモンの過剰に起因する乳がんの予防にも役立つことが立証されている。乳がんと同じようにホルモン依存型である前立腺がん、子宮がんなどに対しても、効果があると考えられている。

さらには骨粗鬆症、更年期障害、乳がん等の女性疾患には特に有効であるとされている。妊婦においては、あまり過剰に摂取するのは好ましくないので、医師へ相談するなど注意が必要である。

[健康食品サプリメント−大豆イソフラボンの効用と摂取量]日本人は欧米人に比べて大豆の消費量が多いということで有名ですが、
朝から納豆、みそ汁、豆腐などを食べ、ほぼ毎日大豆食品を摂取する大変珍しい国なのです。

そして、この大豆イソフラボンと日本人の長寿や骨粗鬆症、更年期障害、乳がん等の発生率の低さとの関連を調べている欧米の研究者も非常に多いという。血液中のコレステロール、悪玉コリステロールと呼ばれるLDLコレステロールが動脈硬化の原因となります。

一方で、善玉コリステロールと呼ばれるHDLコレステロールは、悪玉コリステロールを減らす作用がある。イソフラボンは悪玉コリステロールを減らし、善玉コリステロールを増やすという理想的な食品なのである。

イソフラボンにはがんが作り出す新生血管の阻害活性、抗酸化作用なども報告されてる。乳がんや前立腺がん以外にも、大腸がん、肺がん、肝臓がん、胃がん、白血病などの多くのがんの予防に有効性が確認されている。

イソフラボンの必要摂取量は一日に40mg−50mgが理想とされています。自然に摂取するためなら、豆腐なら半丁(150g)、きな粉なら20g、納豆なら60g(1パック)という感じである。多めに摂取しても体外に排出される。若干えぐ味を持っているので、サプリメントで摂取すると良いだろう。

ただし、過剰摂取は好ましくないことから、特に妊婦の場合などは、よく医師と相談した方が良い。


きちんと摂取量を守って大豆イソフラボンで病気の予防を心がけましょうね^^
posted by 健康ランド at 20:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

シソは死者を蘇らせる?!

シソ食べてますか?

シソを食べない人をたまに見かけますが、わたしは大好きです。
刺身のツマ、てんぷら、漬け物などに使われるシソ(紫蘇)は、おなじみの香味野菜ですね。
1975年までは、6−7月にしか出回らない季節野菜だったって、知ってましたか?
近年、ハウス栽培が行われるようになり、年中手に入るようになったのです。

古い歴史を持つシソは、7つの顔を持つとされ、さまざまな薬効が確認されている。
「紫蘇」という文字の「蘇」は死者をよみがえらせるという意味で、
刺身のツマに利用されているのは、魚などの毒消しになると言われているからである。

原産地はヒマラヤ、ミャンマー、中国で、東洋の温帯地帯に広く分布しています。日本にも縄文時代にはすでに伝わっていたと言われ、日本のハーブの代表である。

シソは、花粉症などのアレルギー性の症状を押さえるサプリメントに用いられています。シソの葉や種子に含まれるポリフェノールが、鼻水やくしゃみを引き起こすアレルギー物質のヒスタミン、鼻ずまりの原因となるアレルギー物質のロイコトリエンの生成を抑えるのである。

また、シソの種子から取れる油に含まれるαリノレン酸にも、ロイコトリエンの生成を抑える作用があります。
もともとシソは、発汗、解熱、鎮痛、鎮静、解毒剤として古くから使われてきました。
爽快な香りのもとであるペリルアルデヒドは、胃液の分泌を促し、食欲増進や、胃を丈夫にする作用があると言われています。

また、成分は強い防腐作用を持ち、食中毒の予防にも役立ちます。
昔からシソが刺身のツマや薬味として使われてきたのもうなづけますね。
ちなみにシソには2種類あり、大葉とも呼ばれる青ジソ、梅干に入っているのが赤ジソである。

青ジソの方は、赤ジソに比べてカロチンが多く、栄養価も高い。
赤ジソは、薬効に優れ、アントシアニン系の赤い色素(シソニン)が含まれており、酸と反応して赤色に発色することを利用して梅干しなどの色つけに使われる。
これ以外は青ジソ赤ジソもほとんど同じ成分を持っている。

さしみと食べるとおいしいからいっしょに入ってると思っている方も多いかと思いますが、
シソの成分は強い防腐作用を持ち、食中毒の予防があるんです。
タグ:シソ
posted by 健康ランド at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

キトサンの過剰摂取にご注意!

キトサンご存知でしか?

キトサンとは、蟹や海老の甲羅などに含まれる動物性の食物繊維である
キチンという物質から化学処理によって抽出した成分であり、
20世紀最後の生物資源といわれ世界的にも注目の的になっています。

現在では食品以外に手術用縫合糸や人工皮膚などの医療用素材から衣料、
農業品、家具まで、あらゆる分野で使用されています。

健康食品としてのキトサンの効果は、ダイエット効果、生活習慣病の予防、免疫力の活性化といった幅広い分野で見られます。

キトサンの働きは、身体が脂肪分のある食物を摂取すると、体内で
キトサンが脂肪分を吸着します。
吸着された脂肪分は、そのまま吸収されず排泄されるので脂肪の吸収が
妨げられダイエットに効果があるのです。

また、キトサンは食物繊維ですからダイエットの大敵である便秘の解消につながります。


摂取にあたっての注意点は、蟹の甲羅を原料としているため、
蟹や海老でアレルギー症状を起こす可能性があるかたは、摂取をひかえてください。 

また、キトサンの過剰摂取は、ビタミンA、D、E、K等の脂溶性ビタミンを吸収してしまうので、ご注意ください。


蟹やエビが苦手な方はやめていたほうが良いかもしれませんね。
タグ:キトサン
posted by 健康ランド at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

カシスは目にいい!

カシスが目にいい理由

唐突ですが、カシスソーダが好きです(笑)

カシスとは、ヨーロッパからアジアの寒冷地で広く生息する「ユキノシタ科」の落葉低木性の植物。濃紫色で酸味のある小さな果実をつけ、ブルーベリーやストロベリーなどと同じ、「ベリー類」の一種になります。

果実は、ジュースやジャム、リキュール等の原料として広く利用されています。
カシスの主要成分はポリフェノールですが、4種類のアントシアニンも含まれています。
アントシアニンとは赤紫色の色素のこと。視力を改善する働きがあるといわれています。

ブルーベリーは、視力を改善するとして今日広く知られています。
第2次世界大戦時中のことですが、ブルーベリージャムを、いつもたっぷり食べていたイギリス空軍のパイロットが「夕暮れや明け方の薄明かりの中でも敵機の攻撃がよく見えた」と証言したのです。

これがきっかけとなって、ブルーベリーと目の働きに関係を突き止める研究が開始されたのでした。
実際に解明されたのは、その後1964年になってからです。
ブルーベリーの色素成分であるアントシアニンが、光の信号を脳に伝えるロドプシンという物質を活性化させることが明らかになるのです。
アントシアニンの中でも、特に目によいとされるのがデルフィニジン配糖体ということが、最近の研究でわかってきました。

カシスのアントシアニンには、このデルフィニジン配糖体が約60%という非常に高い割合で含まれています。

目を酷使したときは、目が疲れます。
たとえば、長い時間本を読んだり、パソコンをしたりした後などは、目が筋肉の緊張がほぐれずに、焦点が近くに固定されたままになります。

いわば、一時的な近視状態ですね。
これを仮性近視と呼びます。
仮性近視は治療が可能です。十分な睡眠をとれば治る事もあります。

でも、仮性近視の状態が続くと早い方では約3ヶ月で、本当の近視になってしまいます。
思い当たる方は要注意ですね。

カシスに含まれるアントシアニンは、仮性近視を抑制する効果があるとされています。
黒カシスのビタミンCは、イチゴやレモンの約3.4倍もあります。
しかも、亜鉛・鉄・カルシウムなどのミネラルも豊富にはいっているのです。

瞳にも、そして体にもやさしい果実です。

さて今日も飲みに行きましょうか!えっ、違う^^
タグ:カシス
posted by 健康ランド at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

テンペって聞いたことありますか?

テンペって聞いたことありますか?

インドネシアの伝統食で、日本でも普及し始めた発酵食品「テンペ」に糖尿病や動脈硬化など生活習慣病を予防する効果のあることが、岡山大医歯薬学総合研究科の研究で明らかになったとのことです。

こうした優れた効果に注目し、新たな商品開発に乗り出す企業なども現れています。

テンペ」は、ハイビスカスなどの葉の表面に付着したテンペ菌を、
煮た大豆に混ぜて発酵させた食品で、クリに似た風味があり、
インドネシアでは揚げ物や炊き込みご飯の食材に用いられているとのことです。

日本の伝統的かつ代表的な発酵食品「納豆」にもナットウキナーゼという
酵素が、血栓などの凝固を防ぐ作用があることが分かっています。

ファストフードからこうした伝統食に見られるスローフードの健康面への
良さと同時にライフスタイル、環境との共生などロハス的な見直しが生まれてくると良いのですがね。


しかし、忙しいとどうしてもファーストフードなどで済ましてしまうんですよね^^;






生体攻略プロジェクトNo1/E2-E4/今週の原作リボーンはほのぼので和んだ・・!/巷では昼メロが流行ってます/別途 参考メモ/海2/Santa Claus/大根と鶏肉の煮物、テンペのサラダなど/名前/12月のごちそうごはん/勉強しようと/「ヴェネツィア・コード」絵が出てきただけでも.../ベンツVクラス/10年(以上?)ぶりにヘルシンキでお友達に再会/Alsace wine party/昼ご飯/カード ヒーローの商品紹介(レビュー・感想付き)/センチメンタルジャーn(ry(ぇ/Jailer of Temperance/穀物シチュー/ルビアちゃんヘアーv/【ファンデッキ】十代デッキ(1期)/こんばんはv/スーパータカヒロ いやぁ〜久しぶりに日記書きます。昨日は自分のFLAT '...'/WFS Basic Program W vol3/戦利品3/にぎわいまつり/旅行人 No.153/にょー/久しぶりにモノを買う日々/ハイジおばさんの簡単クッキング レシピNo.812−170/ちょっとした性能発表/しし座流星群/しし座流星群/ちょw/「[デトックスエッセンスデトックスデイリーティー(forクリーン '...'/11/21(tue)~11/26(sun)のランチメニュー/'テンペ'ル・タトル彗星/北広島町の農事組合法人 せんごくの里/米国航空業界再々編の機運/流星群。/いしいしんじ「プラネタリウムのふたご」/しし座流星群/gooランキング/テンペのオレンジチキン風/しし座流星群の出現とともに深まる冬への情景/4歳になりました/18日はしし座流星群です/愛をください。/アーヒャヒャ←/キーワード/アトピー性皮膚炎/卵も油も使わない豆腐で作るマヨネーズ!/2006しし座流星群予報/D塩基/星が降る!!!/'テンペ'ル・タットル彗星/アメージングワールド/海NMと続々ご対面中/( ´ω`)=3/風邪ひいた。。。(´・ω・`)/'テンペテンペテンペ'/ヤン・ロエル/見るだけで楽しいよ!!/サワークラウトとベジマイトとテンペ/ヘルシーな?スパゲティナポリタン/北欧旅行 フィンランド〜スウェーデン/デトックスエッセンス デトックスデイリーティ(forクリーン)/「'テンペ'」食べてみました。/舞ロードic千代田/あれれ?な気持ち/プラネタリウムのふたご/ロリパン最高ね/'テンペ'ってしってっけ?/ええっと/プラネタリウムのふたご/11月6日/何か寒くて指が上手く動きませんが…どうしてくれるんだ!/復活しました〜!/復活しました〜!/復活しました〜!/第17回アルタユ活動/真面目に零観(汗)/奥津温泉・奥津渓谷/会社って恐ろしい…/VIP鯖11月度MVPランキング/クスクスのせ(丼)?/そうだ、日記を書こう/コーラスフェスティバルーその3つづき/bones/デッキ/nasa、水星探査機「ディープ・インパクト」を「ボーティン彗星」観測へ/珍野菜空芯菜のスプラウト/ちょい長い。/言ってみるもんだ(笑)/短縮授業/いしいしんじ『プラネタリウムのふたご』(講談社文庫)/'テンペテンペ'/何か 守りたいものが できましたか?/彗星探査機「ディープ・インパクト」、第2のターゲットへ/ウイルス (virus)/手袋/nasaの「ディープ・インパクト」、新たな彗星探査へ/弛緩/'テンペ'ランス 渡辺の解釈 タロットとreos(レオス)30/私は滅びんよ!何度でも蘇るさ!/デトックスデイリーティーDD【食物繊維食べ物でお腹のお掃除を】/'テンペ'が欲しい。/'テンペ'ス?/コストカード大全/ワイルドアームズ プレイ日記(その8)/久方ぶりにテイルズチャンネル見たら‥/バリ1日目/ドラマの英語〜bones/あれ?あれれ?/テンペの甘酢餡生姜風味/'テンペ'スター(違)/'テンペ'買いました/絶対終わんないよ/誰か!誰かイソジン持って来てください!!/日本一。/'テンペ'が…キャラがいい…ッ/日常日記(おかいもの)/テイルズ・オブ・'テンペ'スタ/頭いたぁい/傾向と対策−遊城十代?ヒーロー参上/お手伝い、のち、'テンペ'斧。/g大会(さらに追記) 柊/部屋の掃除をしました。あれ、いつ泥棒入った?/チップ集め/睡眠不足/leonids/【旅】10/13/料理覚書/てんぺ('テンペ')/フ・ゾイの王宮nm攻略/ルビアたん/半熟卵がとろーり、「'テンペ'の和風オムレツ」/2006/10月発売のdvd/あったあった!! 唯一秋嵐メンバー(全員)がわかる物!! ホスト部 '...'/06年10月10日その1「何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法」/螺旋階段のいちばん上から踊るように突き落として/椿屋ディナーセット(10/14)/楽園asiaでディナー/韓国にも納豆/健康教室/抜毛の予防と原因 メチオニン/発酵食品/光り輝く英雄!/チャットモンチー/”寂しい”って言っちゃいけない。/aのリクエストに答えて/グルテンバーガー/色々話その1/'テンペ'/アシュラ・テンぺルの1枚目/indonesian restaurant sate satu on cambie street at 20th avenue/納豆克服宣言/ホームオーディオの取り扱い開始/'テンペ'サテ/oct_納豆レタスチャーハン、'テンペ'の照り焼き/テンペ菌/bones 1−13/大好きな具だくさんの味噌汁/'テンペ'色々。/また忘れたんじゃん?/マクロビの王道 −クシガーデン−/メランコリック者のエッダ/雑タイ投下【2】/大豆/'テンペ'/何でも巻いてしまえ!'テンペ'の生春巻き/バトバト;/「精一杯生きた証の様な恋でした」/ジョナサン/遊戯カード販売/今晩の食卓から豆腐の水餃子とひじきの煮物/台風一過/ダラダラ/deai k/'テンペ'デビュー/flughafen tempelhof muss bleiben/色バトン/インドネシアンカナッペ!?/展示会に見学に行ってきました/'テンペ'/1stから聞いて欲しい・・・ wallenstein ”blitzkrieg”/海の大ボス/毒、吐きます。/ここんとこ日記。/なんやかんやで/流れ星 流星群/ワインを愉しむマクロビオティック/バンバンジー
タグ:テンペ
posted by 健康ランド at 08:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

健康とダイエット

ダイエットの天敵はカロリーですね。

夏が近づくと共に気になるのがビールのカロリー

最近では低カロリー品種が開発されていますが、お味と飲み応えが・・・。

と、そこで気になるのがドイツの「クラウスターラー」という「ビールテイスト飲料」です。
原材料は麦芽、ホップのみなので、ビールと同じ原材料だけを使用しています。

ヨーロッパでは堂々のシェア1位を誇るビール風味の炭酸飲料です。

ビールと同じ本格製法で造られていますので、
アルコール分が0.4%以下ながら、ビールと同様のうまさとコクが味わえます。

しかもカロリーはビールの70%とカットされているので、
ダイエット中の方に、健康が気になる方に、またスポーツの合間などにも最適です。


まぁ、本当は飲まないほうが良いんですけどね^^;
posted by 健康ランド at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。